和装組曲♪

・・着付け教室、琵琶演奏、能面制作などに勤しむ日々のあれこれをグダグダと綴ります・・

丹後の郁ちゃん

 

 

 

嬉しい写真が届いたよ。

私の過去ブログに何度も登場してきたこの方・・・

丹後の郁ちゃん。

凄い方。

両足が人工関節・・・

なのに正座はする。テニスはする。馬にまで乗る。

しかも仕事は末期在宅医療に従事する方。

夜中まで出勤する。

しかも整体の免許はとる。心理学の講座は受ける。

仕事に役立つことは何でも挑戦する。

 

その方からの写真・・・

 

 

 

 

 

 

息子さんの結婚式に留袖を自分で着られた。

気持ちがあせあせと気ぜわしい時に中々自分では着ようという気持ちにならない。

それを仕事の合間に復習しながらの挑戦。

いつもながら頭が下がる。

 

できない言い訳は山ほど言える。

でもしようとするのは自分の決心だけ。

丹後からうちの教室に時間を見つけては車で通われていた。

する・・と決めたから・・する。

本人に言わせればただそれだけのこと。

 

 

ちなみに先日金沢に来る用があったからと和装組曲に寄ってくれた。

その時ご主人も一緒にいらしたので少し話をした。

 

驚いたのはご主人も頗る好奇心があった事。

待合の間に掛けてあった帯四本を見られた。

普通でない反応に驚いた。

この帯だけなぜ真ん中に折り目があるのか・・・

この帯の裏になぜ模様があるのか・・・

こちらの帯の裏は表と同じ柄なのになぜこちらの帯は違うのか・・・

 

きもの検定を勉強している方はこの質問の意味が分かるはず。

丸帯と袋帯と本袋の違いを掛けてある帯を見ただけで瞬時に疑問として質問された。

ちょっと舌を巻いた。

流石は郁ちゃんのご主人だね。

郁ちゃんのご主人は院長先生。

社会でも地域でも一定の地位を確立され大成された方で、単に展示してあるものをそこまで瞬時に観察し的確な疑問を持たれるというのは私の中で初めての経験である。

着物が好きで見学に来られたり、勉強している方ですら中々そこに目がいかない。

普通は、「綺麗ですね・・・」とか、「立派ですね・・・」というレベルである。

少し踏み込んだ方でも「なんという帯ですか」である。

どんなことにも興味を持たれ追及されていく好奇心がある方に違いない。

この帯は全てこのブログの読者から送られたものである。

 

つくづく自省。

「ぼーっ」と生きるのは辞めよう。

 

 

 

君子蘭

散歩途中にいつも会う少し年上の姐さんに呼び止められた。

「うちの可愛い子たちを見て行ってくれん?」と。

「見せて!見せて!」

 

このおうち・・・・・

 

 

立派な玄関を行くと

 

 

 

 

 

 

 



 

 

金沢は雪のある時期が長いので家の中に入れたり、天気の良い日には日光を当てたりして出し入れだけでも大変な労苦に違いない。

「きれいやわあ~♪」

本当にそう思う。

私にはこの世話はできない。

そんな話をしていたら

近くのノトキリシマツツジに蝶がひらり。

 

 

「あなたも写真に撮ってほしいのね~」

なんて言いながら写真を撮らせてもらった。

花の世話をしているのは罪がなくていいわ~♪

 

ツツジは既に盛りは過ぎていた。

月日はどんなものの上にも訪れる。

人だって年を取る。

いつまでも若い時のままではいられない。

 

頑張りましょう。

演奏会も近い。

まずは目の前のことを一つづつ・・・・・

指導者失格?!

最近お弟子さんに言われた。

正確な言葉としては

「あなたは指導者として駄目だ!!」と。

 

経営者としては失格なのは十分わかっている。

これは誰に言われなくても十分わかっている。

しかし、指導者として自分にできる精一杯のことをして来たと微かに自負していた。

だから青天の霹靂だった。

本当に思いもかけぬ言葉だった。

 

確かに言葉は荒い。

気性はもっと荒い。

今まで生きてきた生き方は更に更に荒っぽい。

 

顔をしかめる人もいるだろう。

近寄りたくないと思う人もいるだろう。

でもそれでも構わないと指導を受けに来た方には全身全霊で対処してきたと思う。

 

あの人にどうしたら分かってもらえるか・・・

あの部分はどういう表現をしたら理解してもらえるのか・・・

この人は何を望んでいるのだろう・・・

私はどう対処したらいいのだろう・・・

いつもそうやってできないお弟子さんの事を寝床で考えていた。

きっと良い方法がある・・・と散歩しながらも考えてもいた。

私の指導方法の何処が悪かったのだろう・・・と反省もした。

一日の大半をお弟子さんが上達する方法を模索するのに費やしてきたといっても過言ではない。

そしてそれはそれで、不思議な事だけれど本当に幸せなひと時でもあった。

こんな自分でも誰かの役に立つと信じていたから。

 

しかし

「指導者として駄目だ」この言葉で

自分の今までの努力と苦労が木っ端微塵に吹き飛ばされたような気がした。

所詮自己満足の世界だったかもしれぬ。

確かに誰もお弟子さんは望んでいなかったかもしれぬ。

自分のこれまでの教室人生が全否定されたような虚しさを感じている。

 

で・・・毎日考えている。

これからどうすべきか。

どうあるべきか。

涙がにじむ。

 

 

立ち直るまで暫く時間がかかるだろう。

ひょっとしたら立ち直れないかもしれぬ。

 

これからどうしたらいいのだろう・・・

 

 

 

草むしりをした。

散歩の時間も増えている。

今は黙々として時間を過ごしている。

きもの検定対策講座

突然だが、きもの検定対策講座を来週から始める。

4月23日土曜日朝9時から。

 

f:id:umryuyanagi104:20220401100443j:plain

 

以前からずっと言われ続けていた。

「いつからきもの検定対策講座」をして貰えるの?・・・と。

琵琶にしか興味はなくなったのか、と。

「いろは会」も「ゆめみ会」ももうしないのか?・・・と。

そんなことはない。

「きもの検定対策講座」は県外の方が習いに来ていて1級合格してからは肩の力も抜けてしばらく休憩状態だったのは確か。

だが2年前から琵琶の支部を作ってからというもの、今度はそれを軌道に乗せるまでは、と着物はしばらく封印していた。

後ろから何度かはせっつかれるものの気持ちは琵琶教室onlyだったのは否めない。

琵琶教室も少しずつ落ち着き、演奏会も少しずつなれたころ、今度はコロナときた。

今年は流石にそれにも慣れ・・・久しぶりに養成コースの生徒さんも思い切って入れた。

 

 

f:id:umryuyanagi104:20220405070533j:plain

 

ただ5級、4級、3級を受験する生徒さんは自主的に自分で勉強をしてもらう。

その程度はできるはず。2冊の教則本さえすれば合格できる。

「いや、難しい」という方は辞めればよい。

その程度の勉強すらできない方は今後2級、1級は到底無理だから。

とにかく教則本を徹底的にすることだ。

隅から隅まで何度でも繰り返せばかなり高い点数を取れる…はず。

問題は2級、1級である。

2級は記述式が入ってくるので漢字が書けないといけない。

パソコン変換に慣れた身には結構きつい。

1級は一発で合格は考えず2年を考えよう。

 

 

今年は2級、1級を受ける方5人を指導する予定。

と、いっても所詮は1人で勉強するのが基本である。

 

f:id:umryuyanagi104:20220409095521j:plain

 

ただ幾ばくかの力になればいいかな、と思う。

和装組曲関係者で1級を合格したのは今まで私を含めて3人。

今年1級受けられるのは5人のうちの2人。

ただ今年は生徒さんも私もウオーミングアップだと思ってもらいたい。

来年は今年2級受かった3人が加わり5人で本気で1級受かりに行く。

必死で行くつもり。

頑張ろうな。体調が幾ばくか不安ではあるのだが。。。。

 

f:id:umryuyanagi104:20220412092511j:plain

 

琵琶教室の方もいるので琵琶ときもの検定とで大変だろうが、何・・一つも二つも一緒さ。

来るなら来い。長谷川の門下生はいつだってやってやるさ。(笑)

人生は楽しいことは幾つあってもいい。

楽しくはないか・・・苦しいかも。

確かに楽しくお気楽、のほほんも時にはいいかもしれない。

でもね・・・楽しいことは人を大きくしたりはしない。

苦しいこと、辛いこと、悲しいこと、悩むことを通してそれを糧として人は大きく豊かになるのだと信じたい。その過程で苦しみ悩み人は大きく強く逞しくなっていくのだと信じたい。

仕事をしながらの勉強は大変だろうけど、何・・山ほど時間があるよりわずかな時間をやりくりして勉強するほうが集中できるよ。

明日という日がないかもしれない・・・・という時にこそ、粛々と自分のやることをキチンとやっていこう。誠実な人生を丁寧に歩もう。一緒に・・・・仲間たちと。

 

f:id:umryuyanagi104:20220331134652j:plain

 

さあ、忙しくなるぞ~♪♪♪

 

幸運な虫、と言われる二星テントウムシを見つけた。

何故幸運なのかは知らない。

益虫だからか・・・

珍しいからなのか・・・

 

f:id:umryuyanagi104:20220412083607j:plain

 

見事に知らない~★★

 

 

 

 

満員御礼

前回のブログで、七月の琵琶の演奏会のご案内をしました。

昨日三月三十一日をもちまして募集は終了となりました。

五十名の定員のところ 応募の方、八十名となったからです。

そしてこれから「どうしても」という方にはキャンセル待ちの予約しか受け付けられません。どうぞご了承ください。

ただこのコロナの中、きっとキャンセルは幾ばくかは出ると思いますのでその折には順番にお声かけさせて頂きます。

 

 

f:id:umryuyanagi104:20220330095847j:plain

 

沢山のご応募ありがとうございます。

遠くは山口、兵庫、京都など加賀支部の琵琶演奏会のためにわざわざ来ていただけるとの事、とても有難く門下生一同身の引き締まる思いです。

時間の無駄だったと思われないように心して取り組みます。

 

f:id:umryuyanagi104:20220330095806j:plain

 

 

木蓮が咲いたという事は、次は桜・・・・ですね。

加賀支部一同、演奏会には見事に花を咲かせましょ~♪♪♪

これから内容に取り組みます。

参加希望の方、どうぞお楽しみに・・・・・

まずはご報告を。

 

 

 

2022年演奏会のご案内

     

    「 錦心流琵琶全国一水会 加賀支部 の2022年の演奏会 」のご案内です。

 

加賀支部はまだ支部として発足して二年たちません。

このコロナ禍、去年のわずか創立一周年の体験会には金沢でコロナ最高の感染下の中、「体験&演奏会」を開くことができ、大変感動しておりました。

特に「感染が凄いので基礎疾患のある方やご家族の意向もあると思うので迷われている方々は、今からでもご辞退されて一向に構いませんよ。申込金はお返しします。」という電話を前日、全ての参加者に連絡をして少しでも躊躇される方には遠慮なく申し出て頂きました。当日のキャンセルは会場の金城楼さまの料理の仕込みの関係で全額返却できませんので、各方面に迷惑の掛からないような形で執り行いたかったからです。それでも当日は50名という沢山の方々に参加頂きました。その辺りは去年の「体験&演奏会」の後のブログをご覧ください。

 

  体験会終了!!! - 和装組曲♪ (hatenablog.com)

 

早いもので今年も又演奏会のご案内の時期となりました。

今年は  7月3日(日曜日) す。

場所も又 金城楼さまの大広間「丹頂の間」  をお借りします。

お昼の松花堂弁当は、今年は七夕バージョンをご用意いただけるとの事、それも又楽しみです。

f:id:umryuyanagi104:20220227142807j:plain

 

 

f:id:umryuyanagi104:20220227142818j:plain

 

多分今年も感染だ、いや大丈夫だと皆で右往左往していくと思います。

今年は体験会の方はお休みとさせていただきます。

でも去年同様、出来る限り、思いつく限りの感染対策を行って皆様方には少しでも安心な状況での開催をしていきたいと思っています。110畳の大広間「丹頂の間」ですが、定員を50名に限らせて頂こうと考えています。勿論お食事は地下の更に広い場所「平成の間」を確保しています。

どうぞ興味のある方はご検討ください。

FAXまたは郵送でも可、直接私の携帯の方に電話頂ていも大丈夫です。

定員になり次第締め切らせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:umryuyanagi104:20220211122505j:plain

 

 

お弟子さんの皆さん、一生懸命取り組んでいこうね。

特に三年間毎週のように頑張って取り組んできた「琵琶連奏」を思いっきりダイナミックにそして繊細に演奏したいです。頑張ろうね。去年入門した新人さんお二人も出来る限り食いついてきてください。楽しみ~♪♪♪・・・・・

    でもちょっぴり今からドキドキ!!!ハラハラ!!!!

今から丁度4か月後。

これから4か月、出来得る精一杯の練磨をしたいと思います。

今からは1日たりとも無駄にせず、体調を整え悔いのないように臨みましょう。

 

 

 

 

 

 

七草粥も終わる頃ですが・・・・・年賀欠礼のお詫び

f:id:umryuyanagi104:20220109122736j:plain

 

   産土(うぶすな)の神に護られ来し日々を

              社に感謝す新年の朝

 

新年を迎えたと思いきや、早もう9日である。

 

去年の年末から二週間、体調絶不調。

二週間のお粥生活だった。

お稽古は15日まで全てキャンセルした。

横になってばかりいた日々であったが、一つ分かったことがあった。

 

f:id:umryuyanagi104:20220109124534j:plain

 

今まで目、耳、口と段々不調になっていき

  目は白内障で既に車の運転は諦めた。

  耳は三半規管が退化して急な動きについて行けず今では寝返りをしても眩暈がする。

  口は歯茎が退化していっているので歯医者で手直しできるものだけ手直し。

いずれもお医者様は「加齢によるものです。」と軽い。

簡単に言ってくれる。まあ、所詮他人事である。

これに去年は精神の衰えをもろに感じた。

    パワーがない。

    粘りがない。

    根気もない。

    すぐぶちぎれる。

 

 

f:id:umryuyanagi104:20220109124558j:plain

 

誰?

年を取ると気が長くなるといったのは。

むしろ気が短くなりこらえ性がなくなる。

それもそのはず、残りの人生を考えた時、我慢するなんてありえないじゃない?

もう我慢して生きていたくないというのが根底にある。

 

更に去年まではそれでなんとか保ってきていたが、足首や膝の不具合。

腰や股関節の異常などが日々トレーニングに励むのに追いついていない状態となる。

遂に加齢もここまで制御不能になる処まで来たか、と思っていたのだが、今年は内臓にまでその波が押し寄せたようだ。

飲み込めない、飲んだものを消化できない、常に胃に持たれる。

いや、胃に行く前の器官で止まるのまでも分かる。

腸がしっかりその働きをしていないのも感じ取れる。

しかもやっと消化できた頃には次の食事時となる。

もう、あんまり食べないでおこう…と私の気持ちが静かにのたもう。

じゃあ、痩せて行くのかというとそうでもない。

つまり、これからの年齢・・・こんな食事量でいいのだと主張するかのようだ。

もう食事の楽しみも薄れて行っている。

 

しかも、琵琶の歌を歌うと声がかすれる、息が続かない。

今まで出ていた声の領域までかすれ声となっている。

そうか・・・内臓までもう死ぬ準備に入って行ったか・・・

 

f:id:umryuyanagi104:20220109124721j:plain

 

 

話が飛ぶが、オナガが一杯いた。

本当は離れた場所にもっといた。

オナガって本当に美しい鳥だよね。

しかも気迫というか、パワーが凄い。

カラスのやんちゃに猛然と立ち向かっていく。

それでも形勢不利になると「ギェーッ」と一声鳴く。

とあちらこちらから次々と現れる。

こんなに何処にいたのだろう・・・というくらい四方八方から現れる。

 

このオナガ・・・声が悪すぎる。

「ギェーッ」というような悪声。

でもそれを上回る姿の美しさがある。

いつもほれぼれするような美しさだと思っていた。

でも今回はそれ以上に感動したのはその「気迫」。

カラスに猛然と立ち向かっていく姿は本当に凛々しかったのだ。

 

で、これが今日の本題。

何処が衰えようが、何処が退化しようが構やしない。

気迫に満ちた日々を送りたいと。

 

去年の12月前後に過労と疲労とでお弟子さんたちのお稽古に支障をきたしたことや、年末20日過ぎから続く体調不良で多くのお友達、お弟子さん、そしてブログ仲間からお年賀状を頂いたのだが返す事が出来ずすみません。ここでお詫びをさせてください。

そしてもう一つ、加齢をいつまでも嘆いていても始まらない。

そのまま受け入れていこう、と思った次第。

今年からはまず髪は染めない事にした。

年齢をそのまま受け入れようと思った決意表明。

f:id:umryuyanagi104:20220109135128j:plain


今年は白髪の老婆となる・・・・決意。(笑)

どうぞよろしくお願いいたします。

白髪の状態で七月の演奏会でお会いしましょうね~♪♪♪